自己破産って簡単に出来るのか?

生活費に困って借金をしてしまい、いつの間にか数百万の負債になってしまうケースがあります。
クレジットカードの普及に伴い、借金とは呼ばないキャッシングの利用も増えています。
キャッシングと聞くとピンと来ない人も居るようですが、これは紛れもない借金なのです。
後先考えない借金は身を滅ぼすことになってしまいます。
返済が難しく、完済が絶望的な状況に陥ったなら、これはもう自己破産しか無いでしょう。

 

年収の3倍以上の借金があるようなら、今すぐ弁護士へ相談する方が良いです。
300万の年収なら、900万の借金をしていたら自己破産レベルと判断できます。
そうでなくても、年収の半額を超える借金があるなら、それは債務整理を行う方が良いケースもあるので、何とかなると安易に考えずに弁護士へ無料相談をしてください。

 

もし、返済が難しくなる状態まで借金を膨らませてしまったら、自己破産を視野に入れなければなりません。
この自己破産ですが、そもそも簡単に誰でも利用できるのかと言う疑問が出ます。
当然ですが自分で、自己破産しました、と叫んでも何の効果も保障もありません。
まず、自己破産について知らなければならないでしょう。

 

自己破産とは債務整理の一種で、弁護士に手続きを行ってもらうのが一般的です。
そして、この自己破産を行うには手続き開始から約半年の時間が必要とされています。
それぐらい長期的な準備と手続きをしなければ、自己破産は成立しないのです。

 

自己破産する時は所有している財産を売却してお金にしなければいけないので、マイホームがあれば競売や任意売却をしないといけませんし、車や高級な家具も売却します。
そのため、身辺整理を行わないといけなくなるでしょう。
他にも自己破産は裁判所で手続きを行うので、役所で各種書類を申請して集める作業も出てきます。

 

ですが、どのような書類が必要か、次に何をしなければいけないのかは弁護士が教えてくれます。
それに従って行動すれば良いので難しいことはありません。

 

自己破産は簡単に出来るのか、の問いには、時間は掛かるが簡単、と言う答えがふさわしくなります。

 

これで少しは自己破産の知識が増えたと思います。
返済が難しい借金を抱えて右往左往していても、人生は暗くなっていくばかりです。
自己破産は法律で認められている極めて合法な借金減額の手段です。
後ろめたいイメージがありますが、自己破産をしても周囲の人に発覚することは無いでしょう。
本当に自己破産が必要だと感じているなら、迷わずに弁護士事務所のドアを叩いてください。

自己破産のメリットデメリットを知るべし!

返済が出来ないぐらい借金が膨らんでしまったら、自己破産が妥当と言えます。
ですが、安直に借金を減らせるからと言って自己破産するのは推奨できません。
一般的に、自己破産のメリットは広く認識されているようですが、デメリットについては認識が甘い人が居ます。
どんなメリットとデメリットがあるのか、両方をしっかりと踏まえた上で行動した方が、後々になって後悔することが無いでしょう。

 

自己破産のメリットはたった1つだけ

抱えている借金をゼロにする、これに尽きます。この効果を求めて多くの人が自己破産を行います。
数千万の借金であってもゼロにする自己破産は、債務整理で最強の手法だと断言できます。
この自己破産によって救われた人は数知れないでしょう。
人生を再スタートするのを支援する目的としては、効果をいかんなく発揮していると言えます。

 

では、ここで肝心のデメリットに話を持って行きましょう。
デメリットして、どんな借金でも必ずゼロになる訳では無いと言うのがあります。
そもそも、特定の借金は免責されないルールが存在しています。
これを免責不許可事由と言い、犯罪に関わるものやギャンブルの借金は自己破産しても消えないのです。
消費者金融に大金を借りた後、友人へお金を託して自己破産するような手段も通用しません。
借金したお金をどのように使用したかは入念にチェックされますし、虚偽の申告が発覚すれば自己破産は認められなくなります。

 

財産のほとんどを手放さないといけない

マイホームも車も、高級な家電や家具はすべて売却して換金します。

 

さらに金融機関のブラックリストに登録されるので、10年は新しく借金が出来なくなるでしょう。
住宅ローンや自動車ローンは利用が難しくなりますし、クレジットカードも作れなくなるリスクがあります。
クレジットカードが使えないと、ネットでの買い物が不便ですし、水道光熱費の支払いにも手間が増えます。

 

他にも、費用が30万近く掛かり、手続きの完了までに半年が必要になります。
この費用に関しては、後払いの交渉をしたり法テラスに立て替えてもらう手段が使えますが、多少は負担になるでしょう。

 

こうしたメリットとデメリットはありますが、それでもメリットが遥かに大きいのが一般的な意見です。
自己破産が出来るかどうかも大切ですが、自己破産をした後の生活がどうなるかも重要です。
弁護士に相談しながら、今後の生活についても十分想定した上で自己破産を行いましょう。

自己破産よりも簡単な債務整理方法とは?

多額の借金を抱えてしまい、毎月の返済が利子を下回ったら非常に危険です。
このままでは借金は増え続ける一方で、死ぬまで借金生活をすることになってしまいます。
こうした状況に追い込まれた人が救いを求める先として、自己破産が存在します。

 

ただし、この自己破産は債務整理の中でも最終手段の位置付けになっています。
最終手段があると言うことは、その手前になる手段も存在していると言えるでしょう。
借金をしている人は最低限の知識として、自己破産以外にも債務整理の手段があるのを知ってください。
自己破産よりも簡単に行える債務整理の方法は、任意整理と個人再生です。
この2つは自己破産よりも比較的に簡単に行えるのが特徴の債務整理です。
特に任意整理は自己破産よりも遥かに簡単に利用できるので覚えておきましょう。
自己破産をする覚悟をしていた人が、実際は任意整理を利用するだけで借金生活から脱出できたケースもあるのです。

 

自己破産は借金をゼロにする効果が持っていますが、その分デメリットが大きいです。
社会的信用を失い、ローンを組んだりクレジットカードが利用できなくなったりするのは、現代社会では手痛い仕打ちでしょう。

 

しかし、任意整理では社会的信用をある程度は保ったまま借金を減額出来ます。
この任意整理は借金を減らす効果が低い代わりに、誰でも利用できるメリットがあります。
主な効果としては将来の利息カットがあり、残っている借金を3年間の分割払いにすることが可能です。
3年間は利息が発生しないで返済を行いますので、返済を滞らせない限り3年で確実に完済できるでしょう。

 

もう1つの手段である個人再生ですが、こちらは借金の8割から9割を減額します。
自己破産と大差ない効果を持っていると言って良いでしょう。
この個人再生を利用するには、仕事をしていて安定した収入が無ければなりません。他にも、近い将来に破産する事実が無ければ認められないのです。
ちょっと返済が苦しい程度では個人再生を行うのは難しいでしょう。
個人再生はマイホームや自動車などの財産を売却しなく良いのも強いメリットです。
何もかも売却して換金する自己破産と違い、財産を手元に残しておけるのです。

 

自己破産では無く個人再生が行えるなら、そちらの方が財産を残しておけるので良いかもしれません。
何が最適かを自分で判断するのも大切ですが、一生に一度ぐらいしか行わない債務整理の問題は、専門家に相談して決める方が安全です。
知らない情報があるのは良いのです。重要なのは知らない情報があると認識した上で、専門家を頼る姿勢なのです。
弁護士に頼って、最善な債務整理を行いましょう。